マツダCX-8の価格やサイズは?【7人乗りでも大人がしっかり座れるSUV】

マツダから、2017年内に7人乗りのSUVが登場することが明らかになった。

国内では7人乗りSUVの需要が徐々に高まりつつあり、CX-8に注目している人も多いのではないでしょうか。

今回はマツダ新型CX-8の価格やサイズについてまとめていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

マツダCX-8のサイズは?

日本でも扱いやすそうなサイズ感

  • 全長:4900
  • 幅:1840
  • 高さ:1730
  • ホイールベース:2930

CX-8のサイズでポイントとなるのは幅。幅がCX-5と同サイズに抑えられており、日本の道路でも扱いやすいサイズ感となっています。

海外ではCX-9というさらに大きなSUVが発売されていますが、それはサイズが1969mmにもなり、日本で乗るには少し大きい・・・

まさに日本の道路事情に合わせた7人乗りのSUVというわけですな。

アルファード等とサイズはほぼ一緒と考えればイメージしやすい

実はCX-8は、アルファードやヴェルファイアと、全長や幅がほぼ一緒。

高さだけはアルファード等の方が100mm以上大きいので、高さが抑えられたアルファードをイメージするとサイズ感がつかみやすい。

マツダいわくに『3列目まで大人がしっかり座れるSUV』

マツダの子飼CEOはCX-8を「3列目まで大人がしっかりと座れるSUV」と提案しています。

また「多人数乗車だけでなく上質を求める人に向けたクルマ」と位置づけているのでラグジュアリーなクルマであることも伺えます。

これまでSUVで3列目があるクルマはそれなりにありましたが「3列目まで大人がしっかりと座れるSUV」はなかなかありませんでした。

ほんとに3列目までしっかり座れるSUVなら、かなり人気がでるのではないかと思います。7人乗りのクルマを求めてミニバンに乗っていた人が、価格によってはドバーっと乗り換えそう。

 

 

CX-8の価格はどうなる

CX-8の価格はまだ正式発表されていないので予想価格になりますが、おそらく350万円前後がスタート価格になると思われます。

現在、マツダの新型CX-5ディーゼルが275万円。CX-8はそれよりも大きく、なおかつ上質なクルマとなる予定です。

それを考えると350万円くらいが妥当なのではないかと考えます。

かつてマツダMPVが350万円以上の価格で発売されていたことを考えると、CX-8が350万円よりも上の価格になることもあるかもしれません。

 

 

【あとがき】高すぎない価格設定にマツダの勝機があるのではないか

現在、高級車であれば「大人がしっかり乗れる7人乗りSUV」はあります。トヨタのランクル・ボルボのXC90・ランドローバーなど、意外に多いです。

マツダが7人乗りSUVで勝機を見出すならば低価格帯で出すことだと思います。先程も言った350万円くらいであればミニバンから乗り換えてくれるユーザーも多いと思いますし、多くの人の選択肢に含まれるはずです。

高級車になってしまっては商品力が無くなってしまうはず。マツダの「走りの良さ」はそのままに、価格を抑えて発売してほしいですね。

個人的に、マツダの走りの良さとデザインの良さは安定のクオリティだと思っているので、あとは価格が大事です。頼みますよ、マツダさん。

それでは今回はこのへんで・・最後までご覧いただきありがとうございました。

みなさん良いカーライフを♪

スポンサーリンク