レヴォーグがD型にマイナーチェンジ!発表は2017年6月?!変更点や価格などもまとめてみた

スバル レヴォーグが、D型にマイナーチェンジです。スバルは年次改良で毎年アップデートをしていますが、その中でも今回の変化は大きいと言われています。

発表は2017年6月と言われていますが時期はいつなのか、マイナーチェンジでどのような変更があるのか、価格等についてもまとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

レヴォーグ D型マイナーチェンジの変更点

主な変更点は以下の4つです。

  1. ヘッドライトLED化&ステアリング連動
  2. エクステリアの意匠変更(ガンダム感が薄れる!
  3. 内装の意匠変更
  4. リアシートが4:4:2分割に

それぞれの変更点について解説していきます。

① ヘッドライトがLED化&ステアリング連動

これまでグレードによってはオプションだったLEDが、全グレードに標準搭載されると言われています。また、ハンドルを切ったときにそれに連動してライトの向きを調整するステアリング連動機能も備わります。

個人的にLED標準化は嬉しい変更点だと思っています。LEDは「今っぽい」車の必須条件ですよね。

② エクステリアの意匠変更!(ガンダム感が薄れる♪)

レヴォーグ発売以来、初めて外観に手が入ります。詳しいデザインは発表されていませんが、兄弟車のS4とほぼ同じ顔になるのは間違いないと思います。上の写真はデトロイトモーターショーで発表されたD型のS4ですが、これに近い顔になるでしょう。

これまでのレヴォーグは前から見るとガンダムチックな雰囲気でしたが、今回の変更で今風のスポーティなルックスになりそうです。ホンダ・日産・トヨタ車と違ってタフで速そうな雰囲気を醸し出しています。普通にカッコイイ!

レヴォーグ/S4のガンダム感が気になって、購入に踏み切れないでいた人には嬉しい変更点ですよね。

③ 内装の意匠変更

内装の変更点でわかっているのはマルチファンクションディスプレイが5.9インチになることです。これによりさらに画面が見やすくなります。

インテリアデザインは大きく変わらないと思いますが、多少の変更はあると思われます。デトロイトモーターショーで発表されたD型のS4はインテリアが少々変更されていましたので、レヴォーグの内装も手が入る可能性が高そうです。

④リアシートが4:4:2分割に!

コレも嬉しい変更です。ワゴン車に欲しかった4:4:2がついに採用です。4:4:2になることで荷物を多数積み込むときの自由度がかなりUPします。

画像はBMWワゴンのものですが、このように4:4:2で倒せることで、自由度が高くなっています。荷物を積んで走ることが多い人には本当に嬉しい変更ですよね。

 

スポンサーリンク

 

発売や価格について

2017年6月発表。納車は8月以降になりそう

スバルの営業さんいわく、早ければ6月末ころにD型の発表があるとのこと。遅くても7月か8月に発表するのは間違いないということでした。

D型の製造は8月から始まるらしく、私達ユーザーの手元にD型レヴォーグが届くのは8月以降となりそうです。

価格は全体的に約5万円UP

様々な変更があり、全グレード5万円ほどUPするようです。価格上昇が最低限に抑えられているのは嬉しいですね。

D型に改訂された新しいパンフレットは6月末頃に出るみたい

レヴォーグのパンフレットがD型仕様に改訂され、新しくなるようです。D型になったパンフレットは6月の末頃にディーラーに届く予定だと教えてもらいました。(地域によっては多少前後するかも?)

パンフレットは車が納車されるまでの間、待ちきれない思いを受け止めてくれる大切なアイテム。また納車待ちでなくても、見ているだけで気持ちが満たされるステキなアイテムです。説明書・カタログ好きにはタマリマセン。

D型のパンフレットが欲しい人は6月の末頃ディーラーにGoですよ。

 

 

【まとめ】

今回のマイナーチェンジでは内外装に初めて手が入るので、どのように生まれ変わるのか楽しみにしている人が多いと思います。

特に注目は外装の変更ではないでしょうか。現行レヴォーグはスバルらしいと言えばスバルらしいですが、少々ガンダムチックであり、好き嫌いが別れるエクステリアでした。

しかしD型のS4に準じた変更になるのであれば、かなりカッコよくなります。これなら外観でレヴォーグを敬遠していた人も「おっ」と思うハズ・・・もともと走りの良さには定評があったので内外装の変化に期待したいですね。

それでは今回はこのへんで・・・最後までご覧いただきありがとうございました。

みなさん良いカーライフを♪

スポンサーリンク