2013年にマイナーチェンジを行ったランクルプラドだが、2017年9月に2度めのマイナーチェンジを予定している。ファンが多い車なので気になっている人も多いのではないだろうか。

デビューしてから7年経っており、今回のマイナーチェンジがモデルチェンジ前の最後の変更になりそうだ。

マイナーチェンジの気になった情報をまとめていきます。

 

スポンサーリンク

 

マイナーチェンジで外観・内装はどうなる?

LEDランプを中心に意匠変更

現在、LEDポジションライトが縦にドット状に並んでいるが、それがヘッドライト内に収まり導光LED型に変更される。ライティングの変更で「今っぽく」アップデートだ。

フォグランプもLED化されて、ヘッドライトとの統一感を出す。

またヘッドライトだけでなく、テールランプも意匠変更される。他のSUVに比べてテールランプの存在感が希薄なランクルプラドだけに、意匠変更でどのように変わるのかが気にところ。

外車勢を中心に最近の車はライティングで魅せる車が多いので、ラグジュアリーSUVのプラドにも期待したいですね。

ワイド感UPで堂々とした顔に!

フロントバンパーはワイド感UPで、堂々と構えた顔になる。また、グリルの下のほうもメッキ化され、さらにラグジュアリー感が強調される。

予想CGを見る限りではかなりカッコイイ!LEDランプとの組み合わせで、現行型ランクルよりも一層存在感のある顔立ちになりそうですね。

オシャレ・ラグジュアリーSUVを探しているユーザーに人気がでそうだ。

特別仕様車カラーが通常ラインナップに追加されるかも

特別仕様車専用カラーとして設定されている「ヴィンテージブラウンPクリスタルシャイン」が普通のランクルプラドのカラーにも設定される可能性がある。

確定情報ではないけど、選べるようになるなら嬉しい。あのオトナ感あるラグジュアリーカラーにしたいと思っている人も多いのではないだろうか。

内装はまさかの変化ナシ?

まったく変化が無い・・ということは無いと思うが、現在インテリアの変更は伝えられていない。ただ、今回のマイナーチェンジでは外観の意匠変更の方が大きいと思われる。

今のプラドは2020年頃まで現役として生産されることが予定されているが、それであれば今回のマイナーチェンジで内装もアップデートしておいたほうが良いと思うのだが・・・実際はどうなるのかわからない。

情報が入り次第、追記致します。

 

スポンサーリンク

 

安全デバイスはミリ波レーダー採用か!

ランクルプラドにはプリクラッシュセーフティが用いられているが、それが単眼カメラ&ミリ波レーダーに変わると言われている。もしそうなったら歩行者や白線も認識可能になるので、さらに安全性の高いものになる。

現在プリクラッシュセーフティが設定されているのは最上級グレードだけだが、マイナーチェンジでは全車に標準装備される可能性もある。

というか、ランクルクラスの車にはこれくらい、全車標準装備にしてほしい。

 

 

エンジンスペックとかは変わらないみたい

今回のマイナーチェンジではエンジンスペックに変更はなさそうだ。これまで通り、2.8Lディーゼルと2.7Lガソリンの2種類が継続される。

スペックUPはフルモデルチェンジのときにお預けですね。

 

 

【まとめ】現役最後のマイナーチェンジ

今回のマイナーチェンジが、おそらくモデルチェンジ前の最後の変更となる。LED、安全装備等、他メーカーの高級車が当たり前のようにやっていることを取り入れるときが来た。ランクルファンの人にとっては嬉しい変更だと思う。

最近では若い世代の中でもランクルは「オシャレな車」として認識されてきており、憧れている人も多い。いろんな世代が注目している車だからこそ、トヨタにはしっかりとした変更を期待したいですね。外車勢に負けないくらい、かっこいい車にしてほしいと思います。

それでは今回はこの辺で・・・最後までご覧いただきありがとうございました。

みなさん良いカーライフを♪

スポンサーリンク