車の査定とは?「査定」の初歩を分かりやすく解説

お車を購入するときは、購入資金をまかなうために、今乗っている車を手放す人がほとんどだと思います。その際、すこしでも高い値段で手放せるように「下取り」ではなく「買取」を考える方が多くなってきました。

最近では「買取」で手放す方が増えてきましたが、少し前まではディーラーに下取りに出すのが主流だったので、買取の査定方法を知らない人もまだまだ多いと思います。

買取には中古車買取業者さんに買い取ってもらう方法や、ネットオークションで売却する方法など、様々な方法があります。

今回は「査定」とは何かについて解説していきます。

関連記事:車の買取とは?【愛車の売却額はどの方法を選択するかで大きく変わる】

 

査定とは?

査定とは買取業者が自分の車に価格を付ける行為のことを言います。買取業者のスタッフが愛車を調べて、車の買取金額を算出します。

大まかな査定金額は走行距離・年式・車種・車の色などから算出可能ですが、傷やヘコミやオプション類は実際に見てからの査定になるので、査定士によっては査定金額が違ってくることがあります。

買取業者(査定士)の心境としてはできるだけ車を安く買い取って、中間マージンを少しでも増やしたいのが本当のところです。ですから提示される査定額は、基本的に低く見積もられることが多いです。(買取業者さんもビジネスなので、安く買い取って高く販売したいと思っています)

逆に査定してもらう側の私達は、車の知識があまり無いため、不利になるケースが多いです。査定額が低くてもそれが低く見積もられているのかどうかはわかりませんので・・・

でも最近は一括査定システムを利用することで、買取査定額を異常に低く見積もられる心配が無くなってきました。一括査定は買取業者同士で査定額を競わせるので、査定額が高くなります。

このことから、一括査定サービスを利用して愛車を売却するメリットは高いと言えます。

もし一括査定を利用せずに、中古買取業者に買取してもらう場合は注意が必要です。ディーラーが提示した下取り額をよりも、高い査定額を提示されると「高く買い取ってもらえた!」と満足してしまい、本来の価格よりも低い査定額に気付かないケースもあります。

こうならないように気をつけたいものです。

 

買取には高く買い取ってもらえる方法と、そうではないものがある

車の売却方法は様々ありますが、その中には高く買い取ってもらえる方法と安値でしか買い取ってもらえない方法があります。愛車を売却するときにはできるだけ高値で買い取ってもらえるように、査定方法を考えることが重要です。

車買取は通常、査定士や買取業者が査定を行いますが、変な業者を選ぶとトラブルが起きることもあるので、信頼できる買取業者に依頼することも大切です。

特に最近ではインターネットの普及もあり、ネットを使って悪儲けをしている悪徳業者もいます。ネットで直接個人売買をする場合も注意が必要ですね。

高く買い取ってもらうには、なぜ中古車買取専門業者がオススメなのか

車を売却するときは

  1. 下取り
  2. 中古車買取専門業者に売却
  3. 中古車販売店に売却

の選択肢がありますが、少しでも高く車を売却するなら、中古車買取専門業者に売却するか中古車販売店に売却するのがオススメです。

そしてその2つの中でも特に中古車買取専門業者が、車を高く買い取ってくれるのでオススメです。と、いうのも中古車買取専門業者は在庫を持たないので、在庫管理コストが低く抑えられています。

私達から買い取った車をどんどんオークションに流しているので在庫管理の必要があまりないのです。そして浮いた分のコストで、私たちに高い査定額を提示することが可能になっています。

逆に中古車販売店は在庫管理コストがかさむので、私達から車を買取るときの査定額が低くなってしまう傾向にあります。

このように売却の中でも高い査定額が期待できる買取方法とそうでないものとがあります。

「一括査定」は先程紹介した中古買取業者同士が「私が車を買い取るんだ!」と、査定額を競い合うため、特に高い査定額を期待できる方法となっています。