インフルエンザの潜伏期間は?感染力が高く車内等もヤバイ!?

冬の恐怖、インフルエンザ。潜伏期間中も感染力が高く、気付かない内に周りの人間も感染させてしまう恐ろしいウイルスです。

「多くの人が集まる場所は感染しやすくて危険」と言われますが、車内はどうでしょうか??密室になっていますし、バスなどであれば大勢の人が乗っているので大変危険かもしれません。

この記事ではインフルエンザの潜伏期間や感染力などについて調べていきます。

スポンサーリンク

 

インフルエンザの潜伏期間は?

インフルエンザの潜伏期間とは、発熱・鼻水・喉の痛みなどの初期症状が出るまでの期間のことをいいます。潜伏期間は2日~7日間くらいです。

通常2,3日の潜伏期間で初期症状が出ますが、人によって7日間ほど潜伏することもあります。またインフルエンザウイルスの種類によっても潜伏期間が異なります。(A型とかB型とか)

大体2,3日と覚えておきましょう。

 

インフルエンザの感染ルートは?!

インフルエンザの感染ルートは主に飛沫感染です。インフルエンザウイルスを持っている人が、くしゃみや咳をすることでウイルスが空気中に飛散し、それを吸い込むと感染する可能性があります。

また空気中に飛散したウイルスはドアノブや普段使う道具などに付着していることも多いので、それらを触った手で顔に触れることで感染する可能性もあります。

ですからマスクをして、空気中のウイルスをシャットアウトすることが感染予防になるというのは本当なんですね。マスクはお手軽で簡単に予防できる手段の1つです。

 

潜伏期間中の感染力は?

インフルエンザは潜伏期間中でも感染する力を持っています。

感染力が1番強くなるのは、インフルエンザの症状が出てから1日~3日くらいのときです。潜伏期間中はピーク時に比べると感染力は弱いです。

インフルエンザがなぜ大流行するかというと、インフルエンザ潜伏期間中の人が不特定多数の人と関わるからです。インフルエンザ潜伏期間中は自覚症状が無く、「ちょっといつもより鼻水がでるな」くらいの感覚で学校や会社に行ってしまいます。

そうやってウイルスが色んなところに拡散してしまい、また1人、2人と次々にインフルエンザに感染する人が増えていきます。

感染力が弱くても、体調が良くない人や水分が足りていない人はインフルエンザに対する防御機能が弱くなっているので、感染しやすい状態になっています。

スポンサーリンク

 

潜伏期間中は車内などの密室はヤバイ!?

潜伏期間中もインフルエンザウイルスに感染する可能性があるので、車内でも感染する可能性があります。冬は寒くて車内で暖房をつけていることが多いですよね。

暖房をつけていると乾燥することが多く、乾燥はインフルエンザウイルスの活発化を招きます。まして車の中は近い距離で話したりすることもあるので、飛沫感染する可能性は高いと考えられます。

バスなどの大型車両ですと不特定多数の人が乗っているので特に危険です。インフルエンザ潜伏期間中の人がどれだけ乗っているか分かりませんから、マスクなどはしたほうが良さそうですね。

『自分の身は自分で守る!』です。→ インフルエンザの感染確率や期間は?車内で出来る予防法もご紹介!

 

インフルエンザ潜伏期間中は病院でも診断不可能?

インフルエンザ潜伏期間中は、病院でも正確に診断することは難しいです。インフルエンザかどうかをウイルスの量で判断しているのですが、潜伏期間中はウイルスの量が少なく正確に診断することが困難な状態です。

発熱や鼻水などの症状が起きてくるとウイルス量が増加し、インフルエンザかどうかを診断することができます。ですからもしインフルエンザだったとしても、潜伏期間中は誤って「大丈夫」と診断されることもあります。

インフルエンザかどうかを正確に診断するためには、症状が出始めてからでなければなりません。

 

まとめ

  • インフルエンザの潜伏期間は2日~7日。多くの人は2,3日で発熱や鼻水などの初期症状が出始める。
  • インフルエンザ潜伏期間中の感染力は、症状が出た後よりも弱い。体調が優れていない人や水分が足りていない人は免疫が落ち、感染しやすくなっているので要注意。
  • 車内では暖房で乾燥しやすくなっているのでウイルスが活発化しやすい。バスなどの大型車両は不特定多数の人が乗るし、人と人の距離が近いので感染しないようにマスクをするべし!

潜伏期間中は自覚症状が無いのがインフルエンザの恐ろしいところです。自覚症状が無い内に周囲を感染させてしまう恐れがあります。

もし冬に発熱・鼻水・喉の違和感を感じたら「インフルエンザかも?」と自分で疑って、マスクをしたり病院に行くなどの対策をしたほうが良いでしょう。

完全に症状が起きてからだと感染力が強くなっているので、少し異変を感じた時点で「おや?」と気づけるようにしたいですね。

最後までお読み頂きありがとうございました。

他にもインフルエンザに関する記事がありますのでよければ御覧ください

→ インフルエンザの診断方法は?潜伏期間中は正確に診断できない?!

→ インフルエンザの感染確率や期間は?車内で出来る予防法もご紹介!

スポンサーリンク